読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みつろぐ

やれることはやってみる

プレゼン発表会東京大決戦にいってきた

久しぶりの更新です。

 

昨日にゲームクリエイター就職大作戦の最後の総括でもありましたプレゼン発表会東京大決戦に参加してきました。

 詳細はページの下の方にあります。


ゲームクリエイター就職大作戦

 

この発表会、ゲームクリエイター就職大作戦に提出された21作品のうち予選を通過した13作品の作者たちによるゲームの紹介をプレゼン形式でおこなうものとなっています。

会場の様子をパシャリ

 

f:id:Mitu217:20141011084319j:plain

受付

f:id:Mitu217:20141011084349j:plain

f:id:Mitu217:20141011084407j:plain

受付脇

f:id:Mitu217:20141011121850j:plain

f:id:Mitu217:20141011084429j:plain

会場内

 

私もどうにか奇跡的に予選を通過し本発表会に参加させて頂くことができました。ゲームそのものについての記事はとりあえず長くなりそうなのでいいかなぁと。スイングアクション部分について解説して欲しいという希望が多ければ考えます。

 

 この企画、ゲームをしている方であれば聞いたことがあるであろう7社のどえらい方々を前に自分の作ったゲームを紹介したり自分自身を売り込むわけですが、始まる前から緊張感がとにかくすごかった。。。

自分は13人中9番目なのですが、待っている最中がとんでもなく地獄で自分の順番が回ってくる前に体力的に限界を迎えていました。

 

結果としては、ゲームそのものというよりは私の熱意を買って頂いた?のか満足のいくものになりました。一応結果を公の場に書いていいとのことですが、個人的に公にするのはどうかなと思うので伏せておきます。

 

発表会後の懇親会では参加者の方はもちろん、主催者の方ともお話させて頂きました。(xperiaさん写真汚い…)

f:id:Mitu217:20141012170645j:plain

 

夏休みは綺麗に溶かしましたが、この企画に向かって作品を作り続けた約一ヶ月半で学んだこと、また、発表会でいろいろな方の意見を聞くことができたのはとても良い経験になったと思います。

 

主催して頂いたユニティ・テクノロジーズ・ジャパンの皆様、お忙しい中ゲームを評価して頂きました各企業の審査員の皆様に感謝をしつつ、この記事を終わりとします。