読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みつろぐ

やれることはやってみる

Windows8でISE Design Suite(ver14.7)をセットアップ

日記

大学の研究室でFPGAを触る関係で開発環境を整えました。

その際に躓いたポイントがいくつかあったので共有します。

 

■ ISEのダウンロード

こちらにアクセスして、以下の画像を参考にダウンロードを進めてください。(要サインアップ&サインイン)

f:id:Mitu217:20150411124455p:plain

■ ISEインストール

ダウンロードしたtarファイルを解凍後、setupファイルが生成されるのでそちらを実行し、デフォルト設定のまま手順に沿ってインストールを進める。

インストールの途中でMATLABの設定?か何かを聞かれるが無視してOKを押す。

 

インストール終了後、Xilinx License Configuration Managerというのが立ち上がると思うが、何か操作をしようとするとWindows8環境では「動作が停止しました」と表示されると思う。

これはISEがWindows8に対応していないために起きる動作だという、同様の理由でISEなども立ち上がりはするが操作をするとソフトが落ちる

参考: Guide: Getting Xilinx ISE to work with Windows 8 64-bit - Page 1

 

win8で動作するように設定変更

前にあげたページを参考にすれば特に問題なく動くようになるはず。

一応手順を日本語化しておくと次のようになる。

 

ISE Design Suite 用

  1. 次のディレクトリをファイルマネージャーで開く C:\Xilinx\14.7\ISE_DS\ISE\lib\nt64
  2. 検索機能などを用いて "libPortability.dll" を見つけ "libPortability.dll.orig" とリネーム
  3. 同じディレクトリ中にある "libPortabilityNOSH.dll" のコピーを生成(コピーアンドペーストとかで)し "libPortability.dll" とリネーム
  4. "libPortabilityNOSH.dll" を今度は C:\Xilinx\14.7\ISE_DS\common\lib\nt64 のディレクトリへコピーする
  5. C:\Xilinx\14.7\ISE_DS\common\lib\nt64 のディレクトリにある "libPortability.dll" を "libPortability.dll.orig" とリネーム
  6. コピーした"libPortabilityNOSH.dll" を "libPortability.dll" とリネーム

PlanAhead用

  1. 次のディレクトリを開く C:\Xilinx\14.7\ISE_DS\PlanAhead\bin
  2. "rdiArgs.bat" を "rdiArgs.bat.orig" とリネーム
  3. こちらから "win8planaheadfix.zip" をダウンロード

  4. "win8planaheadfix.zip" を解凍

  5. 解凍して出てきた "rdiArgs.bat" を C:\Xilinx\14.7\ISE_DS\PlanAhead\bin へコピー

 

以上でWindows8環境でISEが正常に動作するようになるはず