読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みつろぐ

やれることはやってみる

【Unity】タッチ入力をデバッグする時の注意点(Input.simulateMouseWithTouches)

注意点というより知らないとハマりそうなことメモ

Unityではデフォルトで"Input.simulateMouseWithTouches"の値がEnableに設定されています。

"Input.simulateMouseWithTouches"


Input.simulateMouseWithTouchesは名前の通り、タッチ入力をさもマウス入力の様にシミュレートするパラメータですが、様々なプラットフォーム(マウスとタッチが混在する環境)で対応する場合はDisableに設定したほうがいいでしょう。

Editor上に設定項目は見当たらないのでプログラムから設定します。AwakeやらStartで設定してあげればいいでしょう。

// Enable
Input.simulateMouseWithTouches = true;

// Disable
Input.simulateMouseWithTouches = false;

バグなのかどうかわかりませんが、次の手順で操作すると上手くタッチ座標が取得できません

Remoteでタッチ->マウスで左ボタンを押す(座標がおかしい)

マウスで左ボタンを押す->Remoteでタッチ->マウスで左ボタンを離す(座標がおかしい)

[追記]
エディタで実行中の時のみ回避できる処理を実装しました。
mitu217.hatenablog.jp