読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みつろぐ

やれることはやってみる

ThinkPadx260とWigigDockの使用感とか

先日購入したThinkPadX260とWigigDockの使用レポート的な記事です。購入の経緯などは過去記事を参照ください。

mitu217.hatenablog.jp


ざっくりと良かった点、気になった点は次の通りです

ThinkPadX260

  • 画面サイズは小さくなったがそこまで気にならない
  • キーボードとトラックポイントは安定している
  • SDカードEthernetが直接させる安心感
  • (3セルだと)バッテリーの持ちがイマイチ
  • 指紋認証の精度がイマイチ…

WigigDock

  • 電源Onから5秒前後でPCと接続される
  • USBも自動で接続されるので便利!
  • 接続中のバッテリー消耗率は気にならない
  • ファンの音が気になる
  • 出力できるのはHDMIかDPのどちらか
  • 4k出力ができない(2kまで)


ThinkPadX260については以前使用していたMaxBookAir(Mid2013)との比較になります。
購入の際、新型MacBookProも候補ではありましたが写真の取り込みやらスパイのOS焼きなどでSDカードを頻繁に使う私としては直接読み込みが出来るのは大きな利点だったと感じています。まだUSBtypeCのケーブルはハードルが高い…
ただ今回失敗したと感じた点はバッテリーのセル数を増やさなかったこと、指紋認証をつけたことです。前者は今後バッテリーを買い足せば良いので問題ないのですが、後者はせっかくログインなどに使用できるのに残念で仕方がありません。今後アップデートなどで精度が改善される可能性もありますが、今のところオプションとしてつける利点は低いかなと感じました。

WigigDockについてはすごく未来を感じました。
現在メインモニタにDELLU3415Wを使用しているため、デスクトップ機とキーボードやマウス、スピーカーの共有をモニタ側でおこなっているのですが、USBケーブルをDockに接続しただけで無事に動作しました。
これにより、Dockの電源さえつければモニタ拡張,キーボード,マウス,スピーカーが接続された環境が即座に完成するようになりました。
前述させていただいた気になる点についてはファンの騒音だけは気になるところですが、他は仕様と割り切れば気にせず十分利用が可能だと思われます。


手元に到着してから約10日ほど経過し、ハードウェアというよりはWindowsそのものに疲弊することはありつつも、下手に新型MacBookProのあのペタペタキーボードを使うよりは満足度は高かったのかなと感じていますが。現時点でインターネットにあるレビューを見る限り「慣れれば使える」というコメントが多く、全く褒めてる記事が見当たらないですからね…
以上、簡単な使用感レビューでした。